ためになる手帳の活用

1つの仕事だけでは足りないという場合、新たに働くことができるバイトを探すというのも方法である。複数の仕事をこなすと、それだけ手に入るお金は増える。しかし、仕事を掛け持ちすると、負担も大きくなる傾向にある。そこで、うまく複数の仕事をこなすノウハウを身につけておいが方がいいだろう。
ためになるのは、職場での人間関係の把握を整理しておくという点である。職場では、同僚や上司と協力して仕事をすることになる。複数の仕事を抱えているのであれば、それぞれの職場に個別の人間関係が存在する。そのため、職場を行き来している間に、互いの人間関係が混乱するようなケースが起こりうる。さらに、職場の仲間と約束をするとなると、混乱をもたらすおそれがある。
複雑になる人間関係を無事にこなすのにためになるのは、手帳をいつも持ち歩くという方法が役に立つ。手帳には、人の名前や関係などの職場での情報ついて、詳細に記録することができる。また、スケジュール管理は手帳で行うのが可能なので、うっかり人の名前や約束事を忘れるといったことがなくなる。たとえバイトを掛け持ちしていなくとも、手帳の有効性は変わらない。
さらに、職場での複雑な関係の整理には、手帳が強力に役立ってくれる。手帳を使いこなすには多少の熟練を必要とするため、仕事でなくとも普段から使い慣れておいたほうがいい。手帳で上手く整理するノウハウが身に付くと、プライベートも仕事も上手くいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です