バイトの掛け持ちと健康管理

生活するための収入が1つの仕事だけで足りないとなれば、バイトを掛け持ちしてでも収入アップを図る必要があるかもしれない。しかし、仕事の掛け持ちをした場合、必ずついて回る問題点がある。それは、体への負荷が増えることだ。
年齢が若ければ一晩寝るとすっかり疲れがとれていた人も、年齢を重ねるうちに無理が効かなくなって体が言うことを聞かなくなるだろう。確かに、掛け持ちをすることで収入は増えるかもしれない。しかしその結果、健康を害してしまえば収入が一気に減少してしまうばかりか、医療費という余分な出費まで発生することになってしまう。そうなれば、本末転倒だ。では、どうすればいいのだろうか。方法はいくつかある。
2つ以上のバイトをする時は、一つは在宅でできるものを選んだり、自分のやった分だけ収入になってどのぐらいやるかは自分次第というタイプの仕事を選ぶといいだろう。そうすることによって、掛け持ちとしての収入アップを図りつつ、労働時間を上手くコントロールして、健康で長期間続けることができるかもしれない。
健康管理がうまくできるようになって複数のバイトを同時期にこなせるようになると、その後の社会人としての経験にプラスになるだろう。2か所で働いているのであれば、通常の倍の人と触れ合う機会を得る可能性がある。それによって、より多くのトラブルを体験し、より多くのノウハウを身に着けることができるはずだ。そのプラスの経験を得るためにも、体調管理が大切だといえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です