バイトの掛け持ちは有りか無しか

本業を持っている人が、なぜバイトもしないといけないのかを考えてみた。経済環境の悪化によるものやさまざまな家庭の事情から、掛け持ちをしないと食べていけないというケースがあるようだ。本業を中心に生計を立てるのが基本ではあるが、やはりお金が足りなくなるとその分仕事を増やさなければいけないかと考えてしまう。掛け持ちでバイトをしていることを会社の同僚には言えない、もしくは既に知られている状態のどちらかになるのである。
掛け持ちが禁止されていない会社であれば、本業の会社に相談してバイトをするのはアリだ。しかし、反対されるケースもあるので、覚悟の上で相談しよう。掛け持ちをはじめる際は本業を第一にして、自分が空いた時間にシフトを入れてもらう形で話を進めていくことだ。また、掛け持ちのバイト先にも、本業があることを伝えておくのが重要である。面接の際にそれを伝えてもし断られたら、次に行けばいいのだ。掛け持ちをするのであれば、自分の条件と合致する所を探すことがポイントとなる。パートという立場で仕事するのが第一で、あくまでも本業優先という形を堅持しながら働くためには、相当の体力が必要だ。本業を疎かにしないことが一番で、両方に迷惑を掛けることはあってはならないのである。
経済事情が良くなれば掛け持ちのバイトを徐々に減らして、将来的には本業一本で行くのが理想だ。掛け持ちする理由は、経済環境によるものから社会経験を積みたいという考えまであるが、あくまでも自身で決めるである。本業の会社と掛け持ちのバイト先両方に相談して、お互い納得した上で仕事すべきではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です